お医者さんのぐっすりまくら通販

お医者さんのぐっすりまくらがおすすめな理由

 

  • 理想的な寝姿のために、医師が経験に基づいて、首を支え頚椎への負担を少なくするように考案した低反発枕です。
  • 枕の中心部にあるネックパットが仰向けに寝た時の首を下からささえ、頚椎の自然なカーブを保ちます。
  • 仰向きに寝ても、横向きに寝ても、心地良い眠りが得られるように、高密度なウレタンの両サイドに適度な反発力をもったウレタンを備えたWウレタン構造になっている。
  • ネックパット部分にトルマリン・チタンを配合することによって、疲労回復、リラックスし、安眠しやすい状態をつくりだしている。
  • 計算された構造と寝心地によって、レム睡眠・ノンレム睡眠のリズムを整えて、熟睡できるようになっている。

 

医師が考案した枕は、こちら⇒  お医者さんのぐっすりまくら

 

 

 

お医者さんのぐっすりまくらは、「平石クリニック」院長 平石貴久先生が医者としての経験から考案された枕で、理想的な寝姿勢になるように工夫されたものである。寝ているときの姿勢が悪いと肩や首に負担がかかり、肩痛や首痛、頭痛まで引き起こすのである。それに寝ている姿勢が悪いと安眠することが難しいので、寝不気味になる。朝起きてもからだがだるい。といったふうに健康にもふかくつながってくるのである。そのため理想的な寝ている姿勢である立っているときの姿勢になるように、首を下からささえ、安定するよう工夫がしてあるのです。ネックパットを枕の中央部にネックパットを備えて、下から頚椎をささえようにしてある。また、枕の中央部とその両側とでは、性質の違うウレタンを使うことで、仰向けで寝るときは、やわらかくて、ほどよくしずみこんで頭圧分散される高密度のウレタンを、横向きで寝るときは、すこしかためで、首に負担のかからない高さになるウレタンというようにダブルのウレタン構造をとっている。枕は、高さも大事な要素で、仰向けでねているときよくても、寝ているうちの30回から60回寝返りをうつので、寝返りをうって横向きになったときに頭の形、大きさや肩幅などにより高さが変わるので、枕があわないと寝ている間に首や肩に負担がかかり、血行の圧迫されて、頭痛とかもひきおこしたりする。だから枕選びは、大事で、理想の寝ている姿勢となるように考案されたお医者さんのぐっすりまくらがおすすめで、口コミや評判も高いのは、そうした理由があるからです。